筋トレもプログラミングも反復練習が大事である。

プログラミング初心者三十路越えアスリート系女がフリーランスプログラマーを目指すブログ

エンジニア歴10年のフリーランサーに仕事を受注するのにオススメな勉強本を聞いてみた。

スポンサーリンク

f:id:simpledancer:20180215104851j:plain

先日元某外資系g社の友人と会って、その時に共同開発のお友達を紹介していただいた。

その時に初めて私がプログラミングをちょっと勉強していることを話したところ

オススメの本と仕事受注するのには割とここがいいっていうエージェントを聞いてきました。

その彼はエンジニアをしながら好きなことでフリーランスで食べているという、もう私からするとかなり憧れの生き方の人!今度は勉強会も開催するようなので参加してきます。

オススメの本

現状のエージェントが紹介する案件の需要としては front sideでは vue.js か react というフレームワークserver sideでは rubyが圧倒的に多いです!

とのことだったので、ruby好きの私にはよかった!

オススメの本はこちらだそうです。

Vue.Js

私はこのフレームワーク知りませんでした!

 

Ruby

この本は私も持ってます!

 

 

そういえば最近やってないけど。

まずはRubyの本の方を再度復習するか。。。って感じですね。

自分のやりたい生き方をしている人に相談することって大事

私が最初に行ったのがJavaの企業の無料研修。

これは完全に失敗でした!企業自体のカラーが私には耐えられなかったし、とにかくJavaが難しすぎました。

そのあとにフリーランスという生き方を知り、これだーーーー!って思ったのですが

やっぱりハードルが高かったです。

憧れではあるけど、いまいち自分のやりたい生き方をしている人がちょっといなくて。

ゴリゴリのエンジニアor 趣味はアニメやゲームって人が多かったかな。あとは起業家とか。

私、、起業家を目指してるわけじゃないしな。。。。

とはんばプログラミングは傍に起き、ブログに精を出していたところ、アプリ開発のリサーチとして久々に友人に紹介してもらったそのエンジニアさんは

ダンスをしながら開発もしてアプリ作ったりプログラミング講師もしてるって

私の理想の生き方をしていました。

自分の作りたいものを作りながらプログラミングに慣れる→業務委託でエージェントを利用して受託する。この流れがオススメだとのことです。

(ま、簡単に作れないけど!)

すぐにはもちろんそういう生き方はできないけれど、私は正社員じゃなくてパフォーマンスを続けながら、開発に携わりたい。その思いを聞いて色々アドバイスをいただけました。やっぱり自分のやりたいロールモデルがはっきりしてるとやることがはっきりしてきますね。

 

そんなわけで、また勉強熱が復活してきました〜!

アプリについてはまだまだ構想段階ですが試作ばんを見せてもらったところ面白い!!でしたのでリリースされたら告知します!